永久保存版|メンズ眉毛の正しい整え方

(初版:2017/11/15, 2018/8/13, 最終更新:2019/10/15)
メンズ眉毛、直線的な眉と曲線的な眉の与える印象の違い

1 眉毛を整える=令和の身だしなみ

男性の「整える前の眉」と「整えた後の眉」の印象(清潔感)の違い

↑※眉毛以外のパーツは全て同じです↑
時代とともに身だしなみに求められるレベルが変化しています。昭和、平成までの身だしなみで求められていたのは、鼻毛や爪のような当然なものから、口臭やヘアスタイル、スキンケアまで。令和の常識として眉毛を清潔に整える、までが含まれてくると考えています。参考までにイケメン製作所の調査データでは、顔の印象を決定する要素

1位:髪型(31%)
2位:目元・眉毛・メガネを含む(27%)
3位:顔の大きさや輪郭(19%)
4位:歯並びを含む口元(17%)
5位:肌の質(4%)

そのほかとなっています。
※「貴方にとってイケメンだと感じるパーツはどこですか?」2017年/20代女性/n=427人 イケメン製作所のアンケートによる
眉毛で顔の印象の8割が決まる、というのは流石にオーバーですが、眉毛を整えるかどうかで27%の女性からの印象が変わる可能性がある、ということがわかります。


メンズ眉毛サロンでの眉毛施術シーン

メンズ眉毛で重要なのはデザイン
メンズ眉毛で重要なのは言うまでもなくデザインです。メンズ眉毛サロンの眉毛デザインは「黄金比」を用いることが多いようですが、デザインのトレンドは常に移り変わっています。実際に2017年イケメン眉毛デザインでは「20代イケメン俳優」の「眉毛角度」は4°、「太さ」は太めでしたが、わずか2年後の2019年|20代イケメン俳優眉毛デザインでは、眉毛角度9.5°~11°、太さは普通~やや細めに流行が変わっています。従って、鼻翼や口角、目尻などを結ぶ昭和時代から続く「黄金比」は流行から大きく遅れています。では、何を参考に眉毛を整えればよいのでしょうか?

オススメ|メンズ眉毛デザイン理論を理解する

眉毛の形をどう変えると、今の印象がどう変わるか?
2017年9月、イケメン製作所ではメンズ眉毛の印象を左右する要素が8つに分類されると発表しました。このメンズ眉毛デザイン理論を理解すると、以下のようなことが自在にできるようになります。

例)いつも怖く見られるから優しい印象
例)プレゼンに向け、やり手ビジネスマン風
例)部下ができるから、包容力のある印象

メンズ眉毛を優しい印象にしたい場合

↑※眉毛以外のパーツは全て同じです↑

メンズ眉毛の8要素とは、以下の項目です。

※注:以下の要素にはリンクが設定されてます※
要素1:メンズ眉毛はラインで印象が変わる
要素2:メンズ眉毛は太さで印象が変わる
要素3:メンズ眉毛は角度で印象が変わる
要素4:メンズ眉毛は長さで印象が変わる
要素5:メンズ眉毛は濃さで印象が変わる
要素6:メンズ眉毛は眉毛と目の距離で印象が変わる
要素7:メンズ眉毛は眉間の距離で印象が変わる
要素8:メンズ眉毛は輪郭で印象が変わる

全てを理解するのに、私たちイケメン製作所のクラフターは150時間のトレーニングと講習を受けています。このメンズ眉毛デザイン8要素を使いこなせば、トレンドに惑わされず眉毛だけで顔の印象を自在に操ることが出来るようになります。もしこの方法をマスターされたなら眉毛サロンには行く必要はありません

代案|イケメン眉毛デザインをコピーする方法
とはいえ、最初からメンズ眉毛デザイン理論をマスターするのは苦労が多いはず。そこで、もっと簡単な方法をご紹介します。それは「イケメンの眉毛デザインを真似する」ことです。恐らくこの方法が一番簡単な方法でしょう。ただし、イケメンと言っても世の中には色々なタイプのイケメンが存在します。合コンや結婚に有利なイケメンもいれば、部下から人気が出やすいイケメンや、採用やプレゼンに強いビジネスマン・イケメンまで様々。

そこで、イケメン製作所ではリサーチ会社がアンケートで導き出した各分野ごとの最新イケメンランキング上位者を抽出しました。そのイケメンたちの顔の特徴点を作成して平均化し、「平均顔」と呼ばれるイメージを作成。しかし作成された画像データは輪郭が不鮮明なので、正しい輪郭を浮き上がらせるためにプロの似顔絵師に線画化を依頼、そこから各パーツの比率を算出しました。

2 ジャンル別イケメン俳優の平均顔

イケメン俳優の平均顔

メンズ眉毛のデザインを決めるなら、黄金比ではなく最新のイケメン眉毛を真似するのが一番簡単だ、というお話をしました。この方法で様々なジャンル別のイケメンと言われる方の特徴が、数値として表現出来るようになりました。まずはこの顔の中から「自分が直感的に好きな顔」や、あるいは「こういうジャンル、自分の環境に当てはまるな」と感じるジャンル別のイケメン顔を選び、その眉毛のデザインを真似することが、現時点でイケメン製作所が考える最も簡単なメンズ眉毛デザインの決定方法です。

この平均顔には眉毛の細さや角度などが精密に描かれていますので参考になるかと思います。またせっかくですので、少し前の2017年イケメン眉毛デザインデータもご覧になってみて下さい。メンズ眉毛のデザイン・トレンドがどのように変化しているかお分かり頂けるかと思います

ちなみに、メンズ眉毛を整えたい、という方の中で「メガネを掛けている方」から「眉毛のデザイン、眉毛とメガネの相性」についてご相談を多く頂きます。それについても別のページに纏めています。リンクを貼りますので参考にしてみて下さい。

3 眉毛は抜く?剃る?

眉毛をツイーザーで抜いて整えているシーン

メンズ眉毛を整える上で、「眉毛のデザイン」の次に多く相談を受けるのが「眉毛は剃るのか、抜くのか」というご相談です。イケメン製作所に来店される多くの男性が「自己処理では抜く(74%)」を選択しています。そして実は、その殆どの方が「後悔している(86%)」と答えていらっしゃいます(イケメン製作所 来店社向けアンケート n=2742)

・眉毛の自己処理をしていますか?
 (YES:64%/NO:36%)
・眉毛の自己処理は抜く派?剃る派?
 (抜く派:74%/剃る派:26%)
・眉毛の自己処理で失敗した事はありますか?
 (YES:86%/NO:14%)
・眉毛の自己処理の周期はどれくらいですか?
 (毎日:16%/週1:26%/月1:32%/それ以上:26%)
・眉毛の自己処理方法は何で学びましたか?
 (インターネット:56%/友人・恋人:26%/家族:4%/そのほか:14%)

■剃るメリット・デメリット
眉毛を剃って自己処理をする場合のメリット
・カミソリは殆どの家にある
・あっという間に処理が終わる
・失敗しない限り痛くない
・失敗しても必ずまた生えてくる

眉毛を剃って自己処理をする場合のデメリット
・すぐに生えてきてしまう(数日)
・失敗すると傷ができる
・失敗すると悲惨な形になる
・細かいデザインが苦手
・毛根が残っているので青くなる

■抜くメリット・デメリット
眉毛を抜いて自己処理をする場合のメリット
・毛抜きは殆どの家にある
・繊細なデザインも作れる
・デザインが長持ちする(2~3週間)
・毛根から抜くので青くならない

眉毛を抜いて自己処理をする場合のデメリット
・地味に痛い
・だんだん生えてこなくなる
・炎症を起こすことがある
・処理に時間がかかる

メンズ眉毛は剃る?抜く?どっちが正解?
イケメン製作所としての見解は、ずばりメンズ眉毛は「剃る」が正解です。それは「眉毛のデザイン・トレンドは時代とともに変わる、年齢や仕事の立場、恋人の助言などで変わる」からです。抜く自己処理を続けると徐々に眉毛は生えにくくなります。今はいらないと思っていた眉毛も、これからさき未来永劫不要であるかどうかはわかりません。実際、細眉に苦しんでいるアムラー世代の女性、多いですよね

4 メンズ眉毛サロンで理想の眉毛を手に入れる

メンズ眉毛サロンで整えているシーン

「やっぱり完璧な眉毛を手に入れたい!」
とはいえ、毎日剃るのは面倒ですし、眉毛を剃った跡が青くなる(ので、結果的に眉毛の輪郭効果が出ず清潔感が出にくい)のも美意識の高い人には耐え難い苦痛です。そもそもメンズ眉毛であればデザインのトレンドが数年程度で大きく変化することも考えにくいので、できれば理想的な眉毛デザインで、眉毛を毛根から抜いて整えたいと思う方が年々増えています。

そんな方におすすめしたいのが「一度、プロに任せて理想の眉毛を手に入れることです。ちゃんとしたメンズ眉毛サロンのスタッフに任せれば、自分で処理するよりも失敗しにくいので、一度プロに任せて理想の眉毛を手に入れ、あとは生えてきた産毛を自分で毛抜きで処理すれば、ある程度デザインは維持できるでしょう。

メンズ眉毛サロンを使うデメリット

眉毛のガイドラインを描いているシーン

・施術者の好みに寄せられやすい
2017年にメンズ眉毛サロンが大ブレイクしたことで、眉毛サロン乱立時代になりました。歴史が浅い分、当然ながら多くのサロンの施術者のスキルはまだ浅く、デザインは個人の好みに大きく偏っています。あなたの好みと一致する施術者と出会えない場合、誤ったデザインを押し付けられてしまう可能性があります。そんなリスクを避けるために、ちゃんとしたデザイン論、技術のあるメンズ眉毛サロンに行くことをオススメします。

・眉毛だけで\4,000~\6,000。値段が高い
乱立時代に突入して価格は安くなってきましたが、それでも¥4,000~¥6,000前後。美容院でヘアカットをするよりも高いのが現状です。また、メンズ眉毛サロンは接客営業が強いので、オプションや商品購入を勧められることも。店舗で販売されているスキンケア商品などは比較的高額なことが多いので、促されるままに購入してしまうと会計が数万円になることもあります。なおメンズ眉毛サロンの99%は女性スタッフですので、特にきれいな女性からの押しに弱い人は気をつける必要があります。

・眉毛だけのために行くのが面倒くさい
メンズ眉毛の形を良いデザインに保ち続けようとすると、毎月1回程度通う必要があります。ヘアスタイルに比べて眉毛は顔の印象への影響度は低い(髪型31%に対して、目元・眉毛は27%)ですから、眉毛のためだけに サロンに通うのはストレスになると思います。できればヘアカットと同時に施術できる美容院で、ヘアカットのついでに通えるお店を探すと良いでしょう。

5 イケメン製作所の特徴

イケメン製作所の店内

〈イケメン製作所の特徴〉
1.眉毛デザインを科学的に提案
2.男性・女性スタッフが半々
3.ヘアカット、カラーも提供
4.断トツのメディア掲載実績
5.業界最安値クラス

1.眉毛デザインを科学的に提案
イケメン製作所ではAIを使用したメンズ眉毛デザインが提供されています(要事前申し込み・オプション)。12パターンのイケメン眉毛から、あなた好みのデザインを見つけることができます。12パターンのイケメン眉毛はこちら

2.男性・女性スタッフが半々
イケメン製作所のスタッフは男性、女性が半々です。女性スタッフでは緊張する、思ったことが言えない、という方にオススメです。

3.ヘアカット、カラーも提供
イケメン製作所には経験豊富なヘアスタイリストが常駐しています。毎月有名サロンの講師を招いて研修を重ねていますので、ヘアカット・カラーは自信を持ってオススメできます。イケメン製作所のヘアカットに関する情報はこちら

4.断トツのメディア掲載実績
2018年、2019年のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットメディアでの掲載実績は断トツの業界ナンバーワン。なぜこれだけメディアに取り上げられるのでしょうか? イケメン製作所のメディア掲載実績に関する情報はこちら

5.業界最安値クラス
イケメン製作所では初回ご来店のお客様には、平日限定で¥3,480-で眉毛デザイン脱毛をご提供しています。この価格は業界では最安値クラスですので、平日に銀座までお越しになれる方にはオススメです。

6 初級編|メンズ眉毛を自分で整える

メンズ眉毛のセルフカット(シェーバー)

さあ、さっそく眉毛カットに挑戦!でもその前に
メンズ眉毛を整える上で最も重要なデザインが決まりました。いよいよ眉毛カットをしていきたいと思います。ただしその前に、道具だけはしっかり揃えておきたいところです。道具が不十分だと、どうしても仕上がりが汚くなりがちです。逸る気持ちを抑え、道具の準備をして下さい

これだけは揃えたい、メンズ眉毛カットアイテム4選

眉毛をセルフカットするための道具

No.1 メンズ眉毛にオススメ|眉毛用ハサミ

メンズ眉毛のメンテナンス道具1|アイブロウ・シザー

・アイブロウシザーズ
メンズ眉毛カットで最も重要なアイテムは間違いなくシザー=ハサミです。では、眉毛を切ることに特化したシザーと一般的ないわゆるハサミとではどんな違いがあるのでしょうか?眉毛は毛足が短く、男性の場合は特に毛が太くて固いことが多いです。また、眉毛は髪の毛同様に適度な油分を含んでいるため、一般的なハサミで眉毛を切ろうとした場合には「ハサミが滑り」ます。滑ってしまうと長さが揃わず、不満足な仕上がりになってしまうでしょう。また、一般的なハサミは大きいので、眉毛のような短く繊細なカットには不向きです。

特にオススメなのはこちらのアイブロー・シザー刃先が滑ることなく、決めたところでキッチリ切れる、イケメン製作所でも愛用の一品です。


No.2 メンズ眉毛にオススメ|眉毛用コーム(スクリューブラシ)

メンズ眉毛のメンテナンス道具2|アイブロウ・スクリューブラシ

・まつげがカールする天然毛スクリューブラシ 狸毛100% (六角館さくら堂)
コームと言う名前の通り「クシ」を意味しています。このコーム、一体どんな目的で使うのでしょうか?大きく3つの目的があります。1つは眉毛の毛並みを整えること。毛並みを整えることで眉毛のデザインを正しく把握することができます。主に眉毛の濃い所、薄いところを把握するときに役立ちます。2つ目は眉毛の長さを整える目的で使用します。コームですくい上げ、はみ出した部分をシザーでカットすると眉毛の長さがきれいに整います。3つ目は眉毛メイクをする際にペンシルやパウダーの色をぼかす目的で使用します。クシ状のものも販売されていますが、眉毛の張りの強さ、長さを考えるとクシ状のものより、このようなブラシ状(スクリューブラシと呼びます)のものが使いやすいでしょう。イケメン製作所では「六角館さくら堂」さんのアイブロウ・アイラッシュ用 天然毛スクリューブラシを使用しています。詳細はこちらにて。


No.3 メンズ眉毛にオススメ|眉毛用 電気シェーバー

メンズ眉毛のメンテナンス道具3|眉毛用電気シェーバー

・フェイスシェーバー フェリエ シルバー ES-WF41-S (パナソニック)
電気シェーバーと言っても髭剃り用ではありません。女性が顔の産毛を剃る目的で使用している電気シェーバーで、フェイスシェーバー、または産毛トリマー等とも呼ばれています。普通のカミソリではダメ?という声を聞くのですが、眉毛カットは非常に無理な体勢でカットをしますのでミスが起こりやすく、怪我をすることもあります。自分は絶対に器用だから大丈夫、という方でしたら良いですが、イケメン製作所では電気シェーバーをオススメします。メーカーは色々ありますが、易いものは非常に壊れやすく、切れ味も悪い傾向にあります。信頼できるブランドのものをご使用下さい。


No.4 メンズ眉毛にオススメ|眉毛用 ペンシル

メンズ眉毛のメンテナンス道具4|眉毛用 ペンシル

・ビボアイフルアイライナー6 (エリザベス)
メンズ眉毛カットで最も重要なのはデザインです。せっかくデザインが決まっても、そのデザインの通り正確にカットしなければ全く意味がありません。セルフでの眉毛カットは非常に無理な体勢で行います。また、まぶたや眉山付近はシワが寄り易いため、手で軽く引っ張りながらカットしていきます。ですので、頭でイメージしながらやるだけでは失敗しやすいため、必ず下書きをすることをオススメします。下書きの線は特に何色でも良いのですが、眉毛の色とのコントラストが強いほうがはっきりと線が見えるため、イケメン製作所では白の眉毛用ペンシルを多用します。ぜひお試し下さい。

メンズ眉毛カット 実践

眉毛のセルフカット|ビフォー画像

眉毛カットに必要な道具が揃ったら、眉毛カットを実践していきましょう。

眉毛デザインの下書き
眉毛の長さ調整(下処理)
眉毛の形を整える(シェービング)
眉毛の濃さを整える(最終調整)

という流れで進めます。下書きをする前には洗顔をして顔の油分を落としたほうが書きやすいと思います。また、前髪はヘアバンドや髪留め等で留めるようにしましょう。

step1 デザインを下書き(ガイドライン)

デザインを下書き(ガイドライン)

決定した眉毛デザインを眉毛ペンシルで下書きをしていきます。1.理想の眉毛デザインで塗りつぶす方法、2.理想の眉毛デザインの輪郭を書く方法、ガイドラインの線の外を剃る・中を剃る、かはご自分のやりやすい方法で構いません。イケメン製作所では2の眉毛デザインの輪郭を書き、ガイドラインからはみ出している外側の眉毛を剃る方法を推奨しています。

step2 眉毛の長さを調整(下準備)

眉毛の長さを調整(下準備)

あくまでも、この後に眉毛シェーバーで剃る際、作業をしやすくすることを目的としたカットです。周囲の眉毛の長さと比較して極端に長いと感じる眉毛や、ガイドラインから大きくはみ出している「眉下(下側の眉毛)」の眉毛をカットするようにしましょう。また、この時にある程度眉下(まぶた)の眉毛をカットしておくと、この後の眉毛シェーバーで形が作り易くなります。

step3 眉毛の形を整える(シェービング)

眉毛の形を整える(シェービング)

眉毛シェーバーを使って理想のデザインに仕上げていきます。ポイントは2つあります。1つ目は眉毛シェーバーの角度。垂直に立てて剃るときれいに剃れないので、刃を少し寝かせ気味にし、少し手前側からスライドさせるように剃ると失敗が少ないです。2つ目は剃る部分の皮膚をしっかり伸ばすこと。周辺の皮膚を眉毛から外側に向かって引っ張り、少し張った状態にして作業をすると失敗しにくいでしょう。また、この時まつ毛を剃ってしまう男性が非常に多いので注意して下さい。

step4 眉毛の濃さを整える(最終調整)

眉毛の濃さを整える(最終調整)

スクリューブラシを使って毛並みを整え、長い毛がないか、そして眉毛の濃さが自然になっているかを確認します。多いのが「眉毛の真中付近の毛が、周囲に比べて極端に濃くなった状態」です。眉頭(眉毛の始まり部分、眉間付近)、眉尻(眉毛の終わり部分)はもともと毛の密度が少なく、短くすることで薄く見えることが多いので注意が必要です。ただし、やりすぎるとハゲができてしまいますので注意して下さい。剥げてしまった、ムラが出てしまった場合はメンズ眉毛メイクをオススメします。

眉毛のセルフカット|ビフォー画像 眉毛のセルフカット|アフター画像

7 イケメン製作所のメンズ眉毛デザイン脱毛

参考までにイケメン製作所のメンズ眉毛デザイン脱毛の工程をご紹介します。特徴は「メンズ眉毛デザイン理論」をフル活用したカウンセリング技術です。ここまでに記載した内容全てを理解したクラフターがお客様のデザイン決定をサポートします。

眉毛デザインのカウンセリング(10分程度)
眉毛デザインの下書き(5~6分程度)
眉毛デザインの確認&微調整(2~3分程度)
眉毛の長さをハサミで調整(1~2分程度)
眉毛のワックス脱毛(15分程度)
眉毛の輪郭をツイーザーで調整(5分程度)
眉毛のデザインの最終チェック(5分程度)
脱毛した部分をアイシング(10分程度)
潰れた髪をセット(5分程度)

という流れで、およそ60分程度の時間を掛けて施術をさせて頂きます。初回のお客様は平日限定で\3,480-でご提供していますので、ぜひお試し下さい。

step1 眉毛デザインのカウンセリング(10分程度)

眉毛デザインのカウンセリング

まずお客様にイケメン製作所の12パターンの平均顔、メンズ眉毛デザイン理論「8要素」を用いてデザインを決める為のカウンセリングをします。この時点でお客様が、潜在的にどのような眉毛デザインを求めているかを導き出すのがイケメン製作所の特徴です。不明な点は担当クラフターにお気軽にお尋ね下さい。また、ご予約時にご希望を頂けば別途AIによる眉毛デザイン診断(\1,500-税別)も行いますので、お申し付け下さい。

step2 眉毛デザインの下書き(5~6分程度)

眉毛デザインの下書き

眉毛デザインのカウンセリングで決定したデザインをお客様の眉毛上に、白色の眉毛用ペンシルを使用して正確に写していきます(ガイドライン)。正面から、鏡越し、目を開けた状態、瞑った状態の4パターンでお客様のご意見も伺いながらデザインを書き写します。

step3 眉毛デザインの確認&微調整(2~3分程度)

眉毛デザインの確認&微調整

眉毛デザインのカウンセリングで決定したデザインでも、必ずしもお客様が気に入られるとは限りません。この段階でお客様がご納得の行くまで丁寧にデザインの調整をしていきます。ご希望があれば遠慮なく申し付けて下さい。

step4 眉毛の長さをハサミで調整(1~2分程度)

眉毛の長さをハサミで調整(1~2分程度)

ブラジリアンワックスで眉毛の脱毛をする前に、眉毛を巻き込んだりしないように事前に長い毛は眉毛用のスクリューブラシを使用してカットしていきます。この段階では眉毛の形を整える目的でのカットでは有りませんので、特にご希望を伺うことは有りません。

step5 眉毛のワックス脱毛(15分程度)

眉毛のワックス脱毛(15分程度)

眉毛デザインのガイドラインに沿ってブラジリアンワックスを使用して眉毛の脱毛をしていきます。イケメン製作所ではソフトタイプのワックスを使用しています。痛みは多少ありますが、一瞬で終わりますので痛みを強く感じることは有りません。もしどうしても痛むようでしたらアイシングする、または施術方法をシェーバーに切り替えるなどで対応します。

step6 眉毛の輪郭をツイーザーで調整(5分程度)

眉毛の輪郭をツイーザーで調整

眉毛用の毛抜(ツイーザー)を使用して、ブラジリアンワックスで抜けなかった眉毛や、きれいに揃わなかった輪郭をキレイに処理していきます。ご来店時にお客様の眉毛が短い状態ですとこの作業が長引きますので、来店前は少なくとも2週間~3週間は未処理の状態でお越し頂くのが理想です。

step7 眉毛のデザインの最終チェック(5分程度)

眉毛のデザインの最終チェック

ここまでリクライニングした状態で施術を進めていますので、お客様が起き上がった状態でご自身の眉毛を確認できるのはこの段階になります。リクライニング中も手鏡を使用して確認いただきますが、起き上がった状態と眉毛デザインの仕上がりが多少異なる場合がありますので、基本的にはこの段階のチェックを重視しています。ご希望があればツイーザーやシェーバーにて調整していきます。

8 特別編|メンズ眉毛デザイン8要素

メンズ眉毛デザインの8要素と眉の濃さの基準

1 眉毛で「こう見られたい」を表現する

5つの眉スタイルと与える印象の違い

眉毛を整えるだけで「清潔感」が出る
「眉毛の形なんて、持って生まれたモノだから仕方ない」だなんて諦めていませんか?

女性の眉毛と同様とまでは言えませんが、メンズ眉毛にだってデザインの自由度は十分にあります。ですから「黄金比」や「自眉合わせ」にばかりこだわらず、「こういう印象の顔になりたい!」というところから眉毛のデザイン選びをして行きましょう。メンズ眉毛のデザインや印象は

1.眉毛のライン(直線的か/曲線的か)
2.眉毛の太さ(太いか/細いか)
3.眉毛の角度(鋭角か/鈍角か)
4.眉毛の長さ(長いか/短いか)
5.眉毛の濃さ(濃いか/薄いか)
6.眉毛と目の距離(近いか/離れているか)
7.眉間の距離(近いか/離れているか)
8.眉毛の輪郭(鮮明か/ぼんやりか)

8つの要素で決まります

この先、これらのポイントについてできるだけ丁寧に記載していきます。もし読んでも分からないことがあるようでしたら、イケメン製作所ではメンズ眉毛レッスンなどもやっていますのでお気軽にご連絡ください。

2 メンズ眉毛デザインを決める8要素

要素1 メンズ眉毛は
ライン」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素1|ライン

男性に限らず眉毛を整える際、一番最初に考えるのはラインではないでしょうか。直線的なストレート眉毛を作るのか、または曲線的なアーチ眉毛(弧を書くような形)を作るのか、で印象大きく変わってきます。

・直線的な眉毛ライン=男性的な印象
・曲線的な眉毛ライン=中性的な印象

眉毛以外の顔のパーツを見たときに、自分のなりたい印象、もしくは足りない印象が「男性的な印象」であれば直線的な眉毛ラインを選ぶと良いでしょう。反対に、「中性的な印象」を強めたい、ということであれば曲線的な眉毛ラインを選ぶと効果的です。「なりたい印象はあるけど、でも自分の自眉の形じゃ出来ないよ…」と思われたらイケメン製作所へお越しください。

要素2 メンズ眉毛は
太さ」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素2|太さ

眉毛の「ライン」が決まったら、次に「太さ」を考えていきます。

・太い眉毛=男性的な印象
・細い眉毛=中性的な印象

眉毛が太いか細いか、というテーマは一見とてもシンプルに思えますが、実は単純に太くするか/細くするか、というだけの問題ではないので注意が必要です。それは「6.眉毛と目の距離(近いか/離れているか)」とのバランスがあるためです。眉毛と目の距離(まぶたの高さ)を調整する際に「眉毛の上・下どちらのラインを活かすのか」を考えなくてはなりません。詳しくはこの後の「6.メンズ眉毛は「眉毛と目の距離」で印象が変わる」にてご説明します。

要素3 メンズ眉毛は
角度」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素3|角度

眉毛の「ライン」「太さ」が決まったら、次に「角度」を考えてみましょう。
(※デザインを決める順番は必ずしもこの順番でなくても問題ありません)

・水平な眉毛=優しい、柔和な印象
・鋭角な眉毛=意思が強い印象

メンズ眉毛のデザインは「どれか要素の1つが決まれば、残りは連鎖的に決まる」ものではありません。8項目全てのバランスを取って決めていくことがとても大切です。そのため、もし失敗しても良いように最初は眉毛は「抜かず」に「剃る」ようにしてください。眉毛を抜かずにメンテナンスする方法と道具についてはこちらでご紹介します。

毎日、鏡を見ながら自分で眉毛を整えている方が陥りやすいのが「角度」の調整ミスです。その原因の殆どが「毎日見ているため変化に気が付きにくい」、あるいは鏡を覗き込むときに「無意識に表情を作ってしまう」ため、自然な状態での自分の眉毛の角度を正しく認識できなくなるためです。眉毛を整える極意は「過剰に気にしすぎない、いじりすぎない」ことだと言えます。多くても1週間~10日に一度程度が目安となります。また、一番安全な方法はデザイン設計や技術面で信頼できるメンズ眉毛サロンで1ヶ月に1度程度のメンテナンスをされるのが理想的です。

要素4 メンズ眉毛は
長さ」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素4|長さ

眉毛の「ライン」「太さ」「角度」が決まったら、次に「長さ」を考えてみましょう。長さによってどのような印象変化があるのでしょうか?

・短い眉毛=幼い・あどけない印象
・長い眉毛=エレガントな印象

という印象を与えていることがわかります。眉毛の長さとは「眉頭(眉毛の始まり点、眉間)」から「眉尻(眉毛の終点)」までの長さを指します。一般的には「目頭の上に眉頭を取り、鼻翼と目尻を結んだ直線の延長上を眉尻とする」のが良いと言われていますが、私たちの研究データでは異なると考えています。
私たちはイケメン俳優ランキングを参考に世代別のイケメン顔を収集して「平均顔」を作成、その平均顔をパス化して顔の構成比を算出しました。その結果、「2017-2018年の20代イケメンと呼ばれる顔は、眉毛は眉間がやや広く、眉尻は長め」「2017-2018年の30代・40代イケメンと呼ばれる顔は、眉間がやや狭く、眉尻は短め」という特徴があることを理解しました。※詳しくは「メンズメイクを論理的に理解するための平均顔」のコンテンツをご用意したのでお時間のあるときに読んでみてください。
2017-2018年版 メンズ眉毛の流行デザイン

要素5 メンズ眉毛は
濃さ」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素5|濃さ

眉毛の「ライン」「太さ」「角度」「長さ」が決まったら、次に「濃さ」を考えてみましょう。眉毛の濃さによってどのような印象変化があるのでしょうか?

・濃い眉毛=くどい印象
・薄い眉毛=怖い印象

ここで言う「濃さ」とは「毛深さ」のことばかりをテーマにしているわけではありません。メンズ眉毛の「濃さ」とは

・眉毛1本1本の太さ(太い、細い)
・眉毛の密度(濃い、薄い)
・眉毛の長さ(と重なり具合)
・眉毛の色(黒or茶系)

1本1本の毛が太く、長く、密度も濃く、毛の色も黒い、という方は「非常に濃い」に分類されますので「男性的で野性的な印象」が強まります。薄めていくにはこの4つのパラメーターを調整していく必要があります。毛の1本1本の太さを変えるのは難しいですから「短くする」「間引く」「染める(脱色する、染色する)」ことで「薄い眉毛」を作っていくことができます。濃くしたい場合にはその逆の「短くしない」「隙間をパウダーなどで埋める」「黒く染める」ことで調整することができます。

要素6 メンズ眉毛は
眉毛と目の距離」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素6|眉毛と目の距離

眉毛と目の距離、とは「眉毛の下のライン(境界線)」と、「目を開けたときの瞳」までの距離を指しています。まぶたの高さ、とも表現できるでしょう。この距離が近い場合/遠い場合とでどのような印象差があるのでしょうか?

・距離が近い=目ヂカラ強い印象
・距離が遠い=中性的な印象

一般的に「イケメン」と言われる男性は比較的「距離が近い」傾向性があります。メンズ眉毛の場合、より近くなると「彫りが深い」顔立ちとなり、外国人風の顔立ちに印象が近づいていきます。(※女性の場合は眉毛と目の距離が近づいても外国人風とはなりませんのでご注意ください。)メンズ眉毛のデザインを考えるとき、この「眉毛と目の距離」はとても重要です。それは現状の眉毛の「上下、どちらのラインを活かすか」を決めるポイントになっているためです。

・上のラインを活かす=眉毛と目の距離は離れる
・下のラインを活かす=眉毛と目の距離は近づく

また、稀に「どちらのラインも理想のデザインとは程遠い」という場合があります。それは「眉丘筋(眉毛を引き上げたときにシワが寄る部分の筋肉:びきゅうきん)」の存在にあります。

「眉丘筋とメンズ眉毛デザインの関係」
眉丘筋が発達している人は、眉毛を動かす癖が強い人や表情豊かな人に見られます。あるいは、普段から目を見開く癖がある人や、しかめ顔をする方も発達しやすい傾向にあります。また、眉丘筋が発達している人は、一般的な人に比べて高い位置に筋肉の盛り上がりが出るため、眉毛が釣り上がった印象になっている場合が多いのが特徴です。

この眉丘筋は多少無視することはできますが、全く違う位置に眉毛を「書く」作業をするのは難しいです。もしどうしても変化させたい、という場合にはメンズメイクの「ハイライト」「シェーディング」を使って調整するか、あるいは美容クリニックでの対応が必要になります。メンズメイクにご興味がある方はイケメン製作所のメンズメイク体験(¥5,800-)にお越しください。

要素7 メンズ眉毛は
眉間の距離」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素7|眉間の距離

ここまで来ると大詰めです。眉間の距離(左右の眉頭の距離)について考えていきましょう。眉間の距離によってどのような印象変化があるでしょうか?

・眉間の距離が広い=優しい印象
・眉間の距離が近い=気難しい印象

眉間の距離を変えるのは少し勇気がいるかもしれませんが、印象を変えるには非常に効果的なパラメーターでもあります。特に「眉毛が繋がっている」ような方は、印象として清潔感がない・野性的、或いは気難しく見られる可能性があります。一つの目安として目頭の位置を基準にして、垂直に上げた線より3mm程度を基準点と考えて下さい。それより眉間が狭い場合は長いと言えます。 一方で眉間が離れてしまっている、という方をメイクで修正する場合は、非常に難しいメイク技術を求められます。なぜなら人は顔の中心部分に視線を注ぎやすく、且つ顔の中心部分は強い光を受けることが多いため、描いた眉毛の線やシルエットが飛びやすくなります。その為「眉毛をペンシルで書く」のではなく「目周り全体の陰影から眉毛の長さを演出する」というメイクをすることがポイントです。興味がある方はぜひ、イケメン製作所のメンズメイク体験を受けてみて下さい。

要素8 メンズ眉毛は
輪郭」で印象が変わる

メンズ眉毛のデザイン要素8|輪郭

輪郭について考えるのは最終段階です。輪郭とは眉毛とそれ以外の部分の境界線です。デザインが決まり、アイブロウペンシル(眉毛を書くメイク用の色鉛筆)を使って下書きをした後、ということもしばしばです。ですが、これを無視してしまうとせっかくのデザインが台無しになることもあるので注意してください。

・眉毛の輪郭がぼんやり=清潔感が欠けた印象
・眉毛の輪郭が鮮明=中性的な印象

メンズメイクにおいて「自然さ」は大変重要なキーワードです。そのため、眉毛の輪郭を鮮明に整えすぎるのは「不自然さ」に通じますので注意が必要です。時々、黒い紙を切り取って貼ったようなくっきり眉毛の方を見かけます。メンズ眉毛サロンでワックス脱毛をされた方に多いようです。元々、ワックス脱毛は女性の眉毛のメンテナンス用に発達したものですので、女性の「くっきりとした洗練された眉毛」を表現するのには最適です。ですが、メンズ眉毛のメンテナンスでは「くっきりした洗練された眉毛=違和感」に繋がる可能性がありますので、メンズメイクをされる方は特に注意が必要です。対策としては

・眉毛の下のラインを整えすぎない
・シェイディングで境界線をぼかす
・眉毛の色を少し明るくする

が良いでしょう。もちろん、「中性的な印象を手に入れたい!」という方は、くっきりハッキリ眉毛でも問題ありません。特に最近はジェンダーレス化が進み、メイクすることに全く抵抗のない男性も増えていますし、世論も寛容です。中性的な美しさ、かっこよさを追求するなら「十分あり」です。もし、メンズメイクについて学びたい、という方がいたら私たちのメンズメイク体験にお越しください。

3 メンズ眉毛を自然に仕上げるコツ

メンズ眉毛は眉頭と眉尻が薄い
メンズ眉毛を整えるときに覚えておきたい知識の一つが「眉毛のグラデーション」です。これを理解せずに眉毛を剃る、抜くなどをしてしまうとせっかくのデザインが台無しになってしまいます。メンズ眉毛メイクでもこの「グラデーション」を大切にしています。とても基本的なことですが、常に意識されるとより良い理想的な眉毛が手に入ると思います。濃くしたい薄くしたい場合は、要素5:メンズ眉毛は「濃さ」で印象が決まるを参考にして下さい。

メンズ眉毛の濃さの基本、眉頭、眉の中心部、眉尻の特徴

4 世で言う「黄金比」を試してみたい方へ

point1 眉頭の目標位置

眉頭の目標位置を決めるポイント

メンズ眉毛の眉頭ですが、一般的には目頭、または鼻翼の付け根の延長上が理想と言われています。ですが、それは単に「一般的に」そうであるということで、大切なのは「要素7:メンズ眉毛は“眉間の距離”で印象が変わる」の通り、あなた自身がなりたい印象を意識することが大切です。

眉頭を顔のやや外側にとると優しい印象(過ぎると野暮な印象に)となり、逆に内側に取ると洗練された印象(過ぎるとくどい印象に)になります。どちらも「過ぎる」と野暮な印象、または神経質な印象になるので、あくまでも「目頭の延長上から+ー3~4mm程度の位置調整」を意識してください。なお、イケメン製作所が独自にリサーチした日本人男性25~35歳の平均顔から導いた「基本とすべきメンズ眉毛の眉頭の位置」「目頭から3mm内側に入ったところ」となりますので、それを基本とすると良いでしょう。

point2 眉尻の目標位置

眉尻の目標位置を決めるポイント

メンズ眉毛のデザインでは眉尻(眉毛の終点)の位置は、一般的には「鼻翼と目尻を結んだ延長上」と言われています。ですが、こちらについても鼻の位置や大きさ、形状は人それぞれですので、あくまでも参考とすれば良いと思います。

詳しくは「要素4:メンズ眉毛は“眉毛の長さ”で印象が変わる」の通り、眉毛の長さを長めに取ると洗練されたイメージ(長すぎると神経質な印象に)になり、短めに取ると優しいイメージ(短すぎると幼い印象に)になります。繰り返しになりますが、自分の眉毛がどう生えているかではなく、あなたがなりたいイメージ、あなたが足りないと思っているイメージをメンズ眉毛デザインで補うことが大切です。ご参考までに、イケメン製作所が考える「基本とすべきメンズ眉毛デザインの眉尻の位置」は、眉頭から目幅の130%外側(一般的に男性の目幅は29~32mmですので、眉毛の長さは40mm前後)」(当製作所の平均顔から算出)になっています。よろしければ参考にしてみてください。

point3 眉毛(瞼)の間隔目安

眉毛と目(瞼)の間隔目安

メンズ眉毛のデザインでは眉毛と目(まぶた)の間隔は、一般的には「目幅の1/2~2/3」と言われています。ですが、こちらについてもあくまでも参考とすれば良いと思います。

詳しくは「要素6:メンズ眉毛は“眉毛と目の距離”で印象が変わる」の通り、眉毛と目の間の距離を広く取ると優しいイメージ(長すぎると間が抜けた印象に)になり、狭めに取ると目ヂカラの強いイメージ(近すぎると怖い印象に)になります。

余談ですが、メンズメイクレッスンで「西洋系の外国人風な印象を作りたい」というリクエストが有った場合、最初に調整するのがこの目と眉毛の間の距離です。不自然にならない限りで狭めに整え、ラインは直線的に、太さは太めに、角度は水平に、輪郭はやや薄めに、毛の濃さは薄目にメイクすると外国人風の目元に近づきます。もっと詳しく知りたい方はメンズメイク体験へお越しください。

なおご参考までに、イケメン製作所が考える「基本とすべきメンズ眉毛デザインの眉毛と目の間の距離」は、目幅の1/2になっています(当製作所の平均顔から算出)ので、よろしければ参考にしてみてください。

point3 自眉と理想形をどう合わせていくか

仕上がりを自眉に合わせるか、理想形に近づけるかの選び方

メンズ眉毛は自眉をどこまで活かすか、が鍵
メンズ眉毛を整える際に重要になってくるのは「自分の生まれつきの眉毛をどこまで活かすか」を決めることです。「理想のメンズ眉毛デザイン」を求めれば自眉では足りない部分が出やすいですし、「自眉の範囲内でのメンズ眉毛デザイン」となれば理想に届かないことも多いかと思います。

メンズ眉毛メイクは怖くない
私たちがメンズメイク専門のサロンだということもありますが、私たちは「不自然にならない範囲で理想を求めてほしい」と考えています。メンズ眉毛メイク、と聞くとアレルギー反応を起こす男性も多いと思いますが、実際にはとても自然で一日中崩れず理想に限りなく近い眉毛を手に入れるメイク方法はあります。女性の眉毛メイクをそのまま使ってしまうと不自然になりますので、正しいメンズ眉毛メイクについて学ぶ必要はあります。YouTubeなどにも素晴らしい動画がありますが、迷われたらイケメン製作所のメンズ眉毛デザイン脱毛のオプションメニュー「メンズ眉毛メイクレッスン」(\2,800)を受講してみてください。

イケメンの身だしなみ、ココで全て整います

求人クラフター写真
眉毛スタイリスト、アイブロウリストの求人はこちら※今ならお祝い金最大10万円が貰える!
ページの先頭へ