ヘアカット 眉スタイリング メンズメイク 身だしなみ

永久保存版
メンズ眉毛の正しい整え方

メンズ眉毛の正しい整え方について説明したイラスト メンズ眉毛がないとこんなにダサい

眉毛は顔の重要なパーツです

目次



猛暑に負けるな、イケメンたちよ!サマーキャンペーン

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480


眉毛を整えるメリット

merit01 眉毛を整えるだけで「清潔感」が出る

メンズ眉毛スタイリングアイコン

はじめまして、東京でメンズメイク専門サロンを運営している「粋華男製作所」です。メンズ眉毛のデザインやメンテナンスについてご質問を多くいただくので、今回コンテンツにさせて頂きました。ご参考になれば幸いです。

さて、男性で眉毛を全くケアしていない人に多いのが、この「産毛埋もれ型」眉です。メンズ眉毛の基本中の基本、まずは産毛をキレイに処理して眉の外周を整える(輪郭をつくる)だけで印象は変わってきます。

また「自分は眉毛が薄いから処理するのは気が引けるな…」という方がとても多いのですが、実はその考え方は少し違います。眉毛が薄いからこそ、周囲との境界線をはっきりと出すことで少ない、薄い眉毛が引き立ってきます。どうしても眉毛が薄くて困っている、という方は、産毛を処理してシルエットが浮き出てきた眉毛に少しアイブロウパウダーやペンシルで補足すると、自然でシャープな眉毛を作ることが出来ますので是非チャレンジしてみてください。

もし自分でやるのは自信がない、という人はメンズ眉毛サロンに行ってみるのも良いかもしれません。メンズ眉毛サロンの選び方が分からないという方のためのコンテンツを用意しましたので、ご参考になさってください。

merit02 眉毛の形状で「こう見られたい」を
表現できる

メンズ眉毛スタイリングアイコン

「眉毛の形なんて、持って生まれたモノだから仕方ない」だなんて諦めていませんか?女性の眉毛と同様とまでは言えませんが、メンズ眉毛にだってデザインの自由度は十分にあります。ですから「黄金比」や「自眉合わせ」にばかりこだわらず、「こういう印象の顔になりたい!」というところから眉毛のデザイン選びをして行きましょう。メンズ眉毛のデザインや印象は

1.眉毛のライン(直線的か/曲線的か)
2.眉毛の太さ(太いか/細いか)
3.眉毛の角度(鋭角か/鈍角か)
4.眉毛の長さ(長いか/短いか)
5.眉毛の濃さ(濃いか/薄いか)
6.眉毛と目の距離(近いか/離れているか)
7.眉間の距離(近いか/離れているか)
8.眉毛の輪郭(鮮明か/ぼんやりか)

の8要素で決まります。この先、これらのポイントについてできるだけ丁寧に記載していきます。もし読んでも分からないことがあるようでしたら、粋華男製作所ではメンズ眉毛のデザインやメイクレッスンなどもやっていますのでお気軽にご連絡ください。

メンズ眉毛デザインを決める8つの要素 メンズ眉毛デザイン
を決める8つの要素

element01 メンズ眉毛は
ライン」で印象が変わる

直線的な眉と曲線的な眉

男性に限らず眉毛を整える際、一番最初に考えるのはラインではないでしょうか。直線的なストレート眉毛を作るのか、または曲線的なアーチ眉毛(弧を描くような形)を作るのか、で印象大きく変わってきます。

・直線的な眉毛ライン=男性的、鋭さ
・曲線的な眉毛ライン=中性的、優しさ

眉毛以外の顔のパーツを見たときに、自分のなりたい印象、もしくは足りない印象が「男性的or鋭さ」であれば直線的な眉毛ラインを選ぶと良いでしょう。反対に、「中性的or優しさ」を強めたい、ということであれば曲線的な眉毛ラインを選ぶと効果的です。「なりたい印象はあるけど、でも自分の自眉の形じゃ出来ないよ…」と思われたら、メンズメイク専門の粋華男製作所でお待ちしています。

element01 メンズ眉毛は
太さ」で印象が変わる

太い眉と細い眉

眉毛のラインが決まったら、次に太さを考えていきます。

・太い眉毛=男性的、目ヂカラ
・細い眉毛=中性的、エレガント

とてもシンプルに思えますが、実は単純に太くするか/細くするか、というだけの問題ではないので注意が必要です。それは「6.眉毛と目の距離(近いか/離れているか)」とのバランスがあるためです。眉毛と目の距離(まぶたの高さ)を調整する際に「眉毛の上・下どちらのラインを活かすのか」を考えなくてはなりません。詳しくはこの後の「6.メンズ眉毛は「眉毛と目の距離」で印象が変わる」にてご説明します。

element01 メンズ眉毛は
角度」で印象が変わる

水平な眉と鋭角な眉

眉毛の「ライン」「太さ」が決まったら、次に「角度」を考えてみましょう。
(※デザインを決める順番は必ずしもこの順番でなくても問題ありません)

・水平な眉毛=優しさ、自然さ
・鋭角な眉毛=鋭さ、洗練された感

メンズ眉毛のデザインは「どれか要素の1つが決まれば、残りは連鎖的に決まる」ものではありません。8項目全てのバランスを取って決めていかなくては失敗してしまいます。(もし失敗しても良いように最初は「抜かず」、「剃る」ようにしてください。メンズ眉毛の道具についてはこちらでご紹介します)
・メンズ眉毛を整える必須ツール集
毎日、鏡を見ながら自分で眉毛を整えている方が陥りやすいのが「角度」の調整ミスです。毎日見ているため変化に気が付きにくい、あるいは鏡を覗き込むときに「無意識に表情を作ってしまう」ために眉毛の角度を正しく認識できなくなるためです。眉毛の整え方の極意は「過剰に気にしすぎない」ことだと言えます。その意味でも、デザイン設計や技術面で信頼できるメンズ眉毛サロンで1ヶ月に1度程度のメンテナンスをされるのが理想的です。メンズ眉毛サロンの選び方が分からない方のために、選ぶ際のポイントをまとめたコンテンツを用意していますので、お時間のあるときにお読みください。  ・メンズ眉毛サロンの正しい選び方

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

element01 メンズ眉毛は
長さ」で印象が変わる

短い眉と長い眉

眉毛の「ライン」「太さ」「角度」が決まったら、次に「長さ」を考えてみましょう。長さによってどのような印象変化があるのでしょうか?

・短い眉毛=男性的、力強さ
・長い眉毛=中性的、知的さ

という印象を与えていることがわかります。眉毛の長さとは「眉頭(眉毛の始まり点、眉間)」から「眉尻(眉毛の終点)」までの長さを指します。一般的には「目頭の上に眉頭を取り、鼻翼と目尻を結んだ直線の延長上を眉尻とする」のが良いと言われていますが、私たちの研究データでは異なると考えています。そもそも「一般的」という概念が分かりませんよね。私たちは日本人男性25歳~35歳の男性のお客様のお顔を無作為に200人抽出し、その「平均顔」を作成し、その平均顔から「メンズ眉毛のデザインは、目頭の延長上から3~4mm眉間側に入ったところを目頭の起点とし、口角と目尻の延長上から2~3mm内側に入った場所を眉尻とする」のが最もバランスが良いことを理解しました。※詳しくは「メンズメイクを論理的に理解するための平均顔」のコンテンツをご用意したのでお時間のあるときに読んでみてください。

element01 メンズ眉毛は
濃さ」で印象が変わる

濃い眉と薄い眉

眉毛の「ライン」「太さ」「角度」「長さ」が決まったら、次に「濃さ」を考えてみましょう。眉毛の濃さによってどのような印象変化があるのでしょうか?

・濃い眉毛=男性的、力強さ
・薄い眉毛=中性的、優しさ

ここで言う「濃さ」とは「毛深さ」のことばかりをテーマにしているわけではありません。メンズ眉毛の「濃さ」とは

・眉毛1本1本の太さ(太い、細い) 
・眉毛の密度(濃い、薄い)
・眉毛の色(黒or茶系)

1本1本の毛が太く、密度も濃く、毛の色も黒い、という方は「非常に濃い」に分類されますので「男性的、力強い」という印象が強まります。薄めていくにはこの3つのパラメーターを調整していく必要があります。毛の1本1本の太さを変えるのは難しいですから「間引く」「染める(脱色する、染色する)」ことで「薄い眉毛」を作っていくことができます。濃くしたい場合にはその逆の「隙間をパウダーなどで埋める」「黒く染める」ことで調整することができます。

element01 メンズ眉毛は
眉毛と目の距離」で印象が変わる

眉間と目の距離が広い眉と眉間と目の距離が狭い眉

眉毛と目の距離、とは「眉毛の下のライン(境界線)」と、「目を開けたときの瞳」までの距離を指しています。まぶたの高さ、とも表現できるでしょう。この距離が近い場合/遠い場合とでどのような印象差があるのでしょうか?

・距離が近い=男性的、目ヂカラ
・距離が遠い=中性的、親しみ易さ

一般的に「イケメン」と言われる男性は比較的「距離が近い」傾向性があります。メンズ眉毛の場合、より近くなると「彫りが深い」顔立ちとなり、外国人風の顔立ちに印象が近づいていきます。(※女性の場合は眉毛と目の距離が近づいても外国人風とはなりませんのでご注意ください。)メンズ眉毛のデザインを考えるとき、この「眉毛と目の距離」はとても重要です。それは現状の眉毛の「上下、どちらのラインを活かすか」を決めるポイントになっているためです。

・上のラインを活かす=眉毛と目の距離は離れる
・下のラインを活かす=眉毛と目の距離は近づく

また、稀に「どちらのラインも理想のデザインとは程遠い」という場合があります。それは「眉丘筋(眉毛を引き上げたときにシワが寄る部分の筋肉:びきゅうきん)」の存在にあります。

「眉丘筋とメンズ眉毛デザインの関係」
眉丘筋が発達している人は、眉毛を動かす癖が強い人や表情豊かな人に見られます。あるいは、普段から目を見開く癖がある人や、しかめ顔をする方も発達しやすい傾向にあります。また、眉丘筋が発達している人は、一般的な人に比べて高い位置に筋肉の盛り上がりが出るため、眉毛が釣り上がった印象になっている場合が多いのが特徴です。

この眉丘筋は多少無視することはできますが、全く違う位置に眉毛を「描く」作業をするのは難しいです。もしどうしても変化させたい、という場合にはメンズメイクの「ハイライト」「シェイディング」を使って調整するか、あるいは美容外科でボトックス注射を適量注入することで眉丘筋自体を弱める必要があります。メンズメイクについて興味がある方は、粋華男製作所のメンズメイク体験にお越しください。

element01 メンズ眉毛は
眉間の距離」で印象が変わる

眉間の距離が広い眉と眉間の距離が狭い眉

ここまで来ると大詰めです。眉間の距離(左右の眉頭の距離)について考えていきましょう。眉間の距離によってどのような印象変化があるでしょうか?

・眉間の距離が広い=優しさ→無骨さ
・眉間の距離が近い=目ヂカラ→くどさ

眉間の距離は基本的に大きく変化させるポイントではありません。なぜなら「眉頭の毛流れはとても複雑なためメンズメイクによる再現が難しい」こと、そして「光が当たりやすい為、化粧バレしやすい」、加えて「視線が集まりやすい場所(瞳付近)のため、化粧バレしやすい」という理由です。ですので、極端な変化は難しいですが、違和感のない範囲で自分のなりたい印象に近づけていくのがポイントです。

element01 メンズ眉毛は
輪郭」で印象が変わる

輪郭がぼんやりな眉と輪郭が鮮明な眉

輪郭について考えるのは最終段階です。輪郭とは眉毛とそれ以外の部分の境界線です。デザインが決まり、アイブロウペンシル(眉毛を書くメイク用の色鉛筆)を使って下書きをした後、ということもしばしばです。ですが、これを無視してしまうとせっかくのデザインが台無しになることもあるので注意してください。

・眉毛の輪郭がぼんやり=自然さ→野暮
・眉毛の輪郭が鮮明=清潔感→不自然さ

メンズメイクにおいて「自然さ」は大変重要なキーワードです。そのため、眉毛を整える際にも「過ぎた清潔感」は「不自然さ」に通じますので注意が必要です。時々、海苔を切り取って貼ったような眉毛の方を見かけます。メンズ眉毛サロンでワックス脱毛をされた方に多いようです。元々、ワックス脱毛は女性の眉毛のメンテナンス用に発達したものですので、女性の「くっきりとした洗練された眉毛」を表現するのには最適です。ですが、メンズ眉毛のメンテナンスでは「くっきりした洗練された眉毛=違和感」に繋がる可能性がありますので注意が必要です。対策としては

・眉毛の下のラインを整えすぎない
・シェイディングで境界線をぼかす
・眉毛の色を少し明るくする

が良いでしょう。もちろん、「圧倒的な清潔感を手に入れたい!」という方は、くっきりハッキリ眉毛でも問題ありません。特に最近はジェンダーレス化が進み、メイクすることに全く抵抗のない男性も増えていますし、世論も寛容です。中性的な美しさ、かっこよさを追求するなら「十分あり」です。もし、メンズメイクについて学びたい、という方がいたら私たちのメンズメイク体験にお越しください。




猛暑に負けるな、イケメンたちよ!サマーキャンペーン

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480


眉毛を整える理由

眉毛で印象は変わるのか
はい、「眉毛だけ」の変化でも印象は変わります。
ただし、「髪型」「輪郭」「目元」といった部分の変化でも印象は変わります。どの部分が印象変化に大きな影響を与えるかは人それぞれ異なります。 メンズ眉毛スタイリングのビフォー・アフター
男にとって眉毛メイクは必要か
YES。最大限の印象変化を求めるなら必要です
理想的なサイズの眉毛を持ち合わせている日本人男性はごくわずか。大半の人は足りない部分を補正する方が、理想に近づけます。

眉毛の形をつくる(基本)

point01 point01 眉頭の目標位置

眉頭の目標位置

メンズ眉毛の眉頭ですが、一般的には目頭、または鼻翼の付け根の延長上が理想と言われています。ですが、それは単に「一般的に」そうであるということで、大切なのは「要素7:メンズ眉毛は“眉間の距離”で印象が変わる」の通り、あなた自身がなりたい印象を意識することが大切です。

眉頭を顔のやや外側にとると優しい印象(過ぎると野暮な印象に)となり、逆に内側に取ると洗練された印象(過ぎるとくどい印象に)になります。どちらも「過ぎる」と野暮な印象、または神経質な印象になるので、あくまでも「目頭の延長上から+ー3~4mm程度の位置調整」を意識してください。なお、粋華男製作所が独自にリサーチした日本人男性25~35歳の平均顔から導いた「基本とすべきメンズ眉毛の眉頭の位置」「目頭から3mm内側に入ったところ」となりますので、それを基本とすると良いでしょう。

point01 point01 眉尻の目標位置

眉尻の目標位置

メンズ眉毛のデザインでは眉尻(眉毛の終点)の位置は、一般的には「鼻翼と目尻を結んだ延長上」と言われています。ですが、こちらについてもあくまでも参考とすれば良いと思います。

詳しくは「要素4:メンズ眉毛は“眉毛の長さ”で印象が変わる」の通り、眉毛の長さを長めに取ると洗練されたイメージ(長すぎると神経質な印象に)になり、短めに取ると優しいイメージ(短すぎると幼い印象に)になります。繰り返しになりますが、自分の眉毛がどう生えているかではなく、あなたがなりたいイメージ、あなたが足りないと思っているイメージをメンズ眉毛デザインで補うことが大切です。ご参考までに、粋華男製作所が考える「基本とすべきメンズ眉毛デザインの眉尻の位置」は、口角と目尻を結んだ延長上付近(実際にはそれより、2~3mm短め)(当製作所の平均顔から算出)になっていますので、よろしければ参考にしてみてください。

point01 point01 眉毛目(瞼)の間隔目安

眉毛と目(瞼)の間隔目安

メンズ眉毛のデザインでは眉毛と目(まぶた)の間隔は、一般的には「目幅の1/2~2/3」と言われています。ですが、こちらについてもあくまでも参考とすれば良いと思います。

詳しくは「要素6:メンズ眉毛は“眉毛と目の距離”で印象が変わる」の通り、眉毛と目の間の距離を広く取ると優しいイメージ(長すぎると間が抜けた印象に)になり、狭めに取ると目ヂカラの強いイメージ(近すぎると怖い印象に)になります。

余談ですが、メンズメイクレッスンで「西洋系の外国人風な印象を作りたい」というリクエストが有った場合、最初に調整するのがこの目と眉毛の間の距離です。不自然にならない限りで狭めに整え、ラインは直線的に、太さは太めに、角度は水平に、輪郭はやや薄めに、毛の濃さは薄目にメイクすると外国人風の目元に近づきます。もっと詳しく知りたい方はメンズメイク体験へお越しください。 初めてのメンズメイク体験
なおご参考までに、粋華男製作所が考える「基本とすべきメンズ眉毛デザインの眉毛と目の間の距離」は、目幅の1/2になっています(当製作所の平均顔から算出)ので、よろしければ参考にしてみてください。

point01 point01 自眉と理想形をどう合わせていくか

自眉と理想形をどう合わせていくか

メンズ眉毛は自眉をどこまで活かすか、が鍵
メンズ眉毛を整える際に重要になってくるのは「自分の生まれつきの眉毛をどこまで活かすか」を決めることです。「理想のメンズ眉毛デザイン」を求めれば自眉では足りない部分が出やすいですし、「自眉の範囲内でのメンズ眉毛デザイン」となれば理想に届かないことも多いかと思います。

メンズ眉毛メイクは怖くない
私たちがメンズメイク専門のサロンだということもありますが、私たちは「不自然にならない範囲で理想を求めてほしい」と考えています。メンズ眉毛メイク、と聞くとアレルギー反応を起こす男性も多いと思いますが、実際にはとても自然で一日中崩れず理想に限りなく近い眉毛を手に入れるメイク方法はあります。女性の眉毛メイクをそのまま使ってしまうと不自然になりますので、正しいメンズ眉毛メイクについて学ぶ必要はあります。YouTubeなどにも素晴らしい動画がありますが、迷われたら粋華男製作所のメンズ眉毛スタイリングのオプションメニュー「メンズ眉毛メイクレッスン」(\2,800)を受講してみてください。 ・メンズ眉毛スタイリング


爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

メンズ眉毛の濃さの基本

メンズ眉毛の濃さの基本

メンズ眉毛は眉頭と眉尻が薄い
メンズ眉毛を整えるときに覚えておきたい知識の一つが「メンズ眉毛の陰影」です。これを理解せずに眉毛を剃る、抜くなどをしてしまうとせっかくのデザインが台無しになってしまいます。メンズ眉毛メイクでもこの「陰影」を大切にしています。とても基本的なことですが常に意識されるとより良いメンズ眉毛スタイリングが作れるようになると思います。

眉毛の処理方法

推奨 メンズ眉毛スタイリング道具

メンズ眉毛スタイリングに必要な道具とは?
メンズの眉毛スタイリングを始めるときに、どんな道具が必要かわからない方も多くいらっしゃいます。市場にはとても多くの女性向け眉毛スタイリング道具があるものの、男性用はとても少ないです。また、男性用と女性用との間にどんな差があるのかわからない方も多いかもしれません。

女性用と男性用の違いは色
女性用の眉毛スタイリング道具と男性用のものとの間にある差は「色」だけだと思ってください。女性は「明るい茶色」「茶色」「アッシュ」「グレー」「黒」など色は自由自在です。ですが、メンズとなると「自然に見える色」以外は少し使いにくい傾向があると思います。ですので、よりナチュラルに仕上げる前提で、初めてのメンズ眉毛スタイリングでオススメできそうな色味の道具をチョイスしてみました。ご参考になれば幸いです

  • 【A】パウダー&ペンシルアイブロウEX
    (エクセル)
  • →やや茶色系ですが自然な色合いのアイブロウペンシル
  •  
  • 【B】アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5
    ブラウン系(ケイト)
  • →ノーズシャドウにも使える万能なアイブロウパウダー
  •  
  • 【C】アイブロウペンシル ブラウンorブラック
    (テックスメックス)
  • →【A】に比べて色味が濃いアイブロウペンシル
  •  
  • 【D】カラーリングアイブロウC クリアカラー
    (ヘビーローテーション)
  • →メンズ眉毛の仕上げは必ずクリア眉マスカラで
  •  
推奨 眉スタイリングアイテム

※このほかにツイーザ―(毛抜き)、眉ばさみ、シェーバーなどが必要です。

眉スタイリングアイテム、その他、ツイーザー、眉ばさみ、シェーバーなど


爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

1デザインを決める

眉デザインを決める

自眉の上に、理想の眉形を眉ペンで描く。

矢印

2余計な部分を躊躇なく剃る(または抜く※)

眉の余計な部分を躊躇なく剃る

明らかに外れている毛はカミソリで剃る。失敗しないように、理想の形+1mmくらいの余裕は残して整える

矢印

3毛足が長いところはハサミでカットする

眉の毛足が長いところはハサミでカットする

コームを下向きにして毛の流れに沿ってとかし、下に飛び出した毛を眉ばさみでカット

矢印

4足りない部分(眉頭や眉尻、毛量の薄い部分など)をメイクする

眉の足りない部分(眉頭や眉尻、毛量の薄い部分など)をメイクする

足りない部分のメイクは繊細な作業になります。少しで印象が変わりますので少しづつ丁寧に進めるところがポイントです。

【メイク1】スクリューブラシ

【A】スクリューブラシで毛流れを整える。眉頭は斜め上、中央は横むき、目尻は作りたいラインに沿うようにする

【メイク2】パウダーを塗る

【B】パウダーを混ぜ眉に近い色を作り、ブラシで全体のシルエットを描く

【メイク3】眉ペンシルで描き足す

【A】または【C】で眉の中央から眉尻に向けて眉を1本1本植え付けるように描き足す

【メイク4】化粧崩れ帽子のためコーティング

化粧崩れ防止のために【D】でコーティングをする。適量をブラシにとり、眉の中央部分から眉頭に向けて毛流れと逆方向にブラシを動かしながらつけ、その後本来の毛流れに沿ってブラシを動かす




猛暑に負けるな、イケメンたちよ!サマーキャンペーン

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480


「こんなタイプ」別
眉のつくり方のポイント

メンズ眉毛の形状5分類

眉の形状5分類
【眉分類】クール&エレガンス

クール&エレガンス

眉の形状
ライン(上):曲線的
ライン(下):曲線的
眉山角度(上):緩
眉山角度(下):緩
【眉分類】デキる営業

デキる営業

眉の形状
ライン(上):直線的
ライン(下):直線的
眉山角度(上):急
眉山角度(下):緩
【眉分類】ナチュラル&アクティブ

ナチュラル&アクティブ

眉の形状
ライン(上):直線的
ライン(下):直線的
眉山角度(上):無
眉山角度(下):無
【眉分類】ホスト

ホスト

眉の形状
ライン(上):直線的
ライン(下):直線的
眉山角度(上):急
眉山角度(下):急
【眉分類】きれい目カジュアル

きれい目カジュアル

眉の形状
ライン(上):曲線〜直線的
ライン(下):曲線〜直線的
眉山角度(上):緩〜急
眉山角度(下):緩

A クール&エレガンス

  • 知的
  • 繊細
  • 中性的
  • 華麗
  • 冷たい
  • クール
  • 都会的
眉イラスト(顔)クール&エレガンス
GACKT
佐藤健
成宮寛貴
眉イラスト(顔)クール&エレガンの作り方、詳細
弧の角度と細さがポイント。

綺麗な曲線を描くため、眉の上下ともに処理をする。眉尻は長め。細めに弧を描きながら少し下方向に描き足す。眉山が眉骨・眉丘筋肉から外れすぎないよう注意。

太さ
•細めが基本
アーチ
•眉山は瞳の端より1~2ミリ外側
眉尻の長さ
•口角→目尻の延長線上よりも長めを目指す
眉頭の位置
•目頭より2~3ミリ鼻に近いところからノーズシャドーを活かせるよう少し下向きに調整する
左右非対称の調整
•左右対称になるよう調整を行う。
•髪の色とあわせる

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

B できる営業

  • 誠実
  • 知的
  • 目ヂカラ
  • 真面目
  • 男らしい
  • さわやか
眉イラスト(顔)できる営業
TAKAHIRO
柳楽優弥
会社員
眉イラスト(顔)できる営業の作り方、詳細
角度(眉山・眉全体)がポイント。

まぶたの高さ(眉毛と目の間の幅)を適度にとる。上側は眉のアーチを作らないよう直線的に眉山を作る。眉頭寄りの上辺と瞳の内側の延長線上の下辺には手を加えない。眉山の内側の角度は135°

太さ
•太めが基本、眉の太さを保ったまま眉山を作る
アーチ
•作らない直線を意識する
眉尻の長さ
•口角→目尻の延長上付近を目指すが短くてもよい・無理に伸ばさない
眉頭の位置
•目頭の延長線から3~4mm内側 
左右非対称の調整
•眉の高さを極力変えない範囲で調整する
眉山の位置
•眉山は瞳の端と目尻の中間を目安に山をつくる

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

C ナチュラル&アクティブ

  • 男性的
  • 西洋人
  • 凛々しい
  • 知的
  • 優しい
  • ワイルド
眉イラスト(顔)ナチュラル&アクティブ
二宮和也
金城武
唐沢寿明
眉イラスト(顔)ナチュラル&アクティブの作り方、詳細
「作られた自然感」がポイント。

まぶたの高さ(眉毛と目の間の幅)が狭い。上側は眉のアーチを作らないよう直線的に眉山を作るり眉下側には毛を残す。眉尻まで太めでストレート。

太さ
•太めが基本、眉上側のみの処理で極力眉の太さを強調する
アーチ
•作らない、直線的なライン
眉尻の長さ
•口角→目尻の延長上を目指すが伸ばしすぎない
眉頭の位置
•位置はそのまま、角度は作りすぎない
左右非対称の調整
•極端な左右差でなく、多少の違和感なら気にしない
•髪の色とあわせる

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

D ホスト

  • やんちゃ
  • ノリノリ
  • 中性的
  • 華麗
眉イラスト(顔)ホスト
不明
ダイゴ
不明
眉イラスト(顔)ホストの作り方、詳細
とにかく細さがポイント。

まぶたの高さ(眉毛と目の間の幅)は狭い。細い。角度をつけ、眉尻をシャープに上げる。。

太さ
•細めが基本、細すくしすぎると目(瞼)から離れて見えてくるので細くしすぎに注意
アーチ
•基本直線的、アーチを作る場合は緩やかに眉山は瞳の中心より1~2ミリ外側
眉尻の長さ
•口角→目尻の延長線上よりも長めを目指す
眉頭の位置
•目頭より4~5ミリ鼻に近いところからノーズシャドーと繋がるよう下向きに調整する
左右非対称の調整
•眉頭から眉尻まで調整を行う
眉山
•合わせる、カラーマスカラを使用

爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480 爽やかイケメン応援キャンペーン! 眉毛スタイリング ¥3,480

E きれい目カジュアル

  • 優しい
  • 安心
  • 誠実
  • 無難
眉イラスト(顔)きれい目カジュアル
ディーン・フジオカ
佐藤隆太
妻夫木聡
眉イラスト(顔)きれい目カジュアルの作り方、詳細
弧の角度と細さがポイント。

まぶたの高さ(眉毛と目の間の幅)は狭くない。眉の上は直線的に、下は自然な曲線~直線で眉の輪郭をハッキリさせすぎない。全体的に太目で眉尻は少し下方向にしてもOK。

太さ
•太目が基本
アーチ
•眉上部はごく自然な弧を描くか直線的なラインにする。眉下部は輪郭をはっきりさせないようにする
眉尻の長さ
•口角→目尻の延長上
眉頭の位置
•小鼻からの延長線上または1mm程度外側(目頭側)、他のタイプよりも左右眉は離れ気味
左右非対称の調整
•極端な左右差がなければこだわらない
眉尻
•眉尻を下げすぎると困り顔に近づいていくため下げすぎに注意

イケメンの身だしなみ、ココで全て整います

求人クラフター写真
眉毛スタイリスト、アイブロウリストの求人はこちら※今ならお祝い金最大10万円が貰える!
ページの先頭へ