眉毛サロンを選ぶなら注意したい7つのこと

永久保存版 正しい眉毛サロンの選び方7項目

『眉毛を整えてみよう』
そんな風に考えてみたものの、メンズ眉毛サロンは思いのほか多くあります。そんな時、 どのように眉毛サロンを選べばよいのか、を専門家の立場で、できるだけ中立を保ちながらご紹介させていただこうと思います。サロン選びに迷われたら参考にして頂ければ幸いです。

眉毛サロンを選ぶなら注意したい7つのこと

脱毛するか、カットするかの違い

check1
脱毛するか、カットするかの違い

・眉毛サロンは「脱毛」
基本的に「眉毛サロンは全て脱毛」「ヘアサロンは全てカット」 基本的には眉毛サロンに行けばワックス、ツイーザー(専用の毛抜)で脱毛します。「根本から眉毛を処理」するため、一度処理をすると「約3週間程度は良い状態」が維持できます。仮に途中で生えてきても、ご自分で鏡を見ながら無駄な毛を処理すれば長期間良い状態を維持することが可能です。また、根本化処理するので、剃った場合などと違い「青くなる」ことがありません。
・ヘアサロンは「剃る(剃毛)」
一方でヘアサロン(美容院や理容室)での眉毛スタイリングは、基本的にカットor剃るかのどちらかとなります。まず美容院の場合はカミソリを使うことができませんので、ハサミでカットし、細かい毛に関しては電気カミソリで剃ることになります。電気カミソリは根本からきっちり剃ったり、際を正確に剃ることはできませんので、デザインはかなりアバウトになります。また、理容室はカミソリを使うことができますが、やはり基本的にデザインなどを細かく指定して剃るようなことはありませんので、なんとなく無駄な部分を剃りスッキリさせる程度の仕上がりになります。また、いくら丁寧に剃っても「青さ」は必ず残りますし、翌日には短い毛がポツポツと生えてくることは間違いありません。余談ですが、粋華男製作所は「ヘアカットも出来て、眉毛は脱毛」という良いところ取りをしたメンズ美容サロンです。

デザイン・センスの違い

check2
デザイン・センスの違い

・デザイン・センスの違い
まず『眉毛サロン』は眉毛のデザインやケアの専門家で、『ヘアサロン』はヘアスタイルやヘアケアの専門家です。眉毛サロンは眉毛のことを徹底的に考え、そのスキルを教え込まれますので眉毛に関してはある程度高いスキルを持っています。一方でヘアスタイリストは長く辛い修行期間を経て高いヘアスタイリストとしてのスキルを身に着けますが、眉毛のデザインについて学ぶことはありません。したがって、眉毛のスタイリングだけを考えるのであればヘアサロンより眉毛サロンのほうが優位だと言えます。
・眉毛サロンは1ヶ月で現場へ
また、一概にメンズ眉毛サロンと言いましても色々なタイプがあります。気になるデザイン・センスについては、正直なところ大きな差はありません。一般的に、メンズ眉毛サロンで眉毛スタイリストとして学んだ場合、短い場合はわずか1ヶ月程度、長い場合でも2ヶ月程度で現場でお客様の眉毛デザイン、スタイリングをするようになります。
ではメンズ眉毛サロンのお店ごとの違い、とは何でしょうか?それは方針の違いです。
・『黄金比重視型サロン』
こちらは定説通り、世界中の男性の顔における「美しい眉毛の黄金比」に倣い、型通りの眉毛デザインを仕上げていくスタイルです。メンズ眉毛サロンの90%はこのタイプのサロンになります。
・『イメチェン重視型サロン』
こちらは黄金比は意識しながらも、基本的には「お客様がどのような印象になりたいか」という点を重視し、ヘアスタイルを含めたお顔全体のバランスからどのような眉毛にするかを方向づけて仕上げていくスタイルです。女性の眉毛サロンでは一般的ですが、メンズ眉毛サロンでは現在のとろこ私たち粋華男製作所だけだと思います。
これは好みの問題ですので、どれが良いとは申し上げません。

価格の違い

check3
価格の違い

・美容院は0円~1,000円
美容院で眉毛のスタイリングをされる場合、多くの美容院は無料~1,000円程度の料金でスタイリングしてくださいます。ただし、前述の通り「電気シェーバーなどで剃る」ことしかできませんので

・デザインが少々粗い
・剃った部分が青くなる
・数日でもとに戻る

というデメリットがありますが、この価格であれば満足できる男性が多いと思います。
・眉毛サロンは4,000円~6,000円
それに比べて眉毛サロンは一般的に高額です。それは個室が用意されていること、人件費が高いこと(ヘアスタイリストに比べて眉毛スタイリストは時給が高額である場合が多い)などが理由に挙げられます。また、初回の値段に比べて2回目以降の来店時には20~40%値上がりするサロンが一般的です。1回目はサロン側が利益のない価格で提供しているため、2回目以降の来店に結びつけるように営業を強めているサロンもあるので注意が必要です。粋華男製作所は初回お試し¥3,480と同業界では最安値クラスの価格設定になっていますが、不必要な営業はしませんのでご安心ください。

予約の取りやすさの違い

check4
予約の取りやすさの違い

・人気店は予約が取りにくい
眉毛サロンとして営業をしているサロンは、集客に成功しているサロンと失敗しているサロンには大きな差があるのが現状で、人気サロンは予約が2週間先まで取れない、ということもあります。ですので、サロンを選ぶ際にはWEB予約のシステムから未来の予約状況を確認することで人気度を測ることができ、失敗しにくいサロン選びが可能です。
・大型店なら予約が取りやすい
人気店ほど予約が取りにくい、とご説明しましたが、実際には店舗の大きさも予約の取りにくさと関係があります。眉毛サロンはマンションの一室など狭い店舗で3席程度の小規模で営業している店舗が多くあります。ですので、予約が取りにくくても必ずしも人気サロンだ、とはいい切れません。店舗の席数が多く、それでも予約が取れない、そういう店舗を探すと失敗は少ないはずです。粋華男製作所は都内最大の7席、予約は少し取り辛いサロンです。

アクセスの違い

check5
アクセスの違い

・アクセスの違い
「都心の主要駅から数分以内」という好立地の場所で営業するサロンと、少しアクセスの悪い駅から更に10分以上歩く必要があるサロンとはっきりしています。眉毛サロンは比較的参入しやすい業界のため、手軽に始めているサロンが多いため、新規参入の際にあまり費用のかからない物件から営業を始めるためです。眉毛メンテナンスはヘアメンテナンスに比べて通うモチベーションが下がりやすいため、出来れば職場やご自宅などからアクセスの良いサロンに通われると良いでしょう。

個室かどうか

check6
個室かどうか

・ヘアサロンはオープン席
ご存知の通り、ヘアサロンは基本的にオープン席です。一般的に美容院の届け出をする際には個室は認められにくく、また個室化することでセット面の数が少なくなってしまうためです。また、美容院はコンプレックスを解消する場所ではなく、プライバシーもそれほど求められるサービスではないため、あまり個室のニーズが少ないことも理由の一つだと思います。
・眉毛サロンは「個室感」
それに比べて眉毛サロンは個室感が強い店舗が多くなっています。これは眉毛サロンが「リラグゼーション」「エステサロン」を意識したためだと考えられます。あまり知られていませんが、美容院は保健所の定めにより完全な個室にすることができません。そのため、各サロンとも個室の雰囲気がそれぞれ少し違います。カーテンで簡単に囲ったサロンから、しっかりと壁を作って個室感を高めたサロンまで様々です。最近はマンションの一室などで一切囲いがないオープン席の眉毛サロンも増えています。なお、粋華男製作所は壁で囲われた個室感の強いサロンです。これは普段、メンズメイクで訪れるお客様のプライバシーを守るため、出来る限り個室化させて頂いた結果です。

眉毛しかやらないかどうか

check7
眉毛しかやらないかどうか

・ヘアサロンは万能
ご存知の通りヘアサロンは「眉毛」も「ヘアスタイリング」も提供していますが、一方で眉毛サロンは通常ほぼ「眉毛しか」提供していません。ヘアサロンは「眉毛は剃る(のでデザイン性が乏しく、青みが残り、すぐに生えてくる)」という欠点がありますが、それを差し引いても「髪をカットできる」優位性はとても高いでしょう。多くの男性にとって眉毛のメンテナンス以上に髪の毛のメンテナンスのほうが重要だからです。また、眉毛のスタイリングの品質が低いとはいえ、格安(多くは無料)で眉毛のスタイリングもしてくださるのですから、一般的には多くの男性はヘアサロンで眉毛のメンテナンスもされるのです。
・眉毛サロンは≒エステ
一方で眉毛サロンは美容院というよりはエステサロンに近いお店がほとんどで、メニューも「眉毛」「フェイシャルエステ」「各種マッサージ」などエステメニューが充実しているのが特徴です。費用対効果を求めるなら「ヘアサロン」、多少お金がかかっても癒やしを求めるなら「眉毛サロン」と言えます。
・粋華男製作所=美容院+眉毛サロン
粋華男製作所は美容院+脱毛式の本格的な眉毛サロンの両方の機能が備わったサロンです。正確には粋華男製作所がご提供しているメニューは「ヘアスタイリング(ヘアカット/カラー)」「眉毛スタイリング(脱毛式)」「メンズメイク」「洋服や靴のメンテナンス」の4つのサービスを総合的に提供させて頂いています。

イケメンの身だしなみ、ココで全て整います

マンガで分かる「粋華男製作所って何だ?!」

求人クラフター写真
眉毛スタイリスト、アイブロウリストの求人はこちら※今ならお祝い金最大10万円が貰える!
ページの先頭へ